忍者ブログ
UO
| Home | About | その他 | 初めての方はコチラ | 調査報告書 | 活動報告書 | 酒場の紹介 | ロイヤルガード調査官【募集】 | お店情報 | その他RolePlay活動 | Other |
[100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [94]  [93]  [92]  [91]  [90]  [89
ブリタニア暦370年 3月


停職期間がようやく明けて、職務に復帰することとなった。

振り返れば、去年の7月。

度重なる脅威
(世界の街にオークやオフィディアンの侵攻とベインの選民など)
 
いくつもの前例から
再びブリタニアに侵攻が起き脅威にさらされた時の
監視施設の
一つとして私は、サーペンツホールドでの任務と
私宅兼駐屯地を
築いた事について職務濫用と判断され、停職処分を
受けた。


あの時、もしも私が9年前の事を思い出していれば
停職処分を受ける前になんとかできていたかもしれないと
思い出したのは既に停職になってからのことだった。

ブリタニア暦361年(西暦2006)

ブリタニア中央政府から暫定委託統治権を剥奪され
マティアス大公国の解散を宣言する。

しかし、私は元々その地域の領主でもないので
マティアス大公国とは、全く別の問題にはなるのだが。

今回の処分の詳細は、コチラ


それから9ヶ月、私はその時に話をしていた

「一人の騎士として、一人の八徳信奉者として
  八徳巡礼者向けの宿舎兼療養所を作る事である。」

これを手がけることにした。

そして、私はルナに修道院を建設した。
もちろん、サーペンツホールドの二の舞にならぬよう
マラスの地で。


そう、私は・・・

あるときは、修道騎士、また或ときは遍歴の騎士
時には、J・アルフェイム・エドワードと名乗り
時には、ノクティス・ルシスと名乗り


そして、今ここにいるのは
そう私である。

私は、修道院はある程度形が整って来たので
次の段階として、修道院の2Fに冒険者酒場を作ろうと思う。

理想の形としては、昔あった「ブロークンアロー亭、通称:折れ矢」
のような感じを目指そうと思っている。






PR
リンク
フリーエリア
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog Template by CHELLCY / 忍者ブログ / [PR]