忍者ブログ
UO
| Home | About | その他 | 初めての方はコチラ | 調査報告書 | 活動報告書 | 酒場の紹介 | ロイヤルガード調査官【募集】 | お店情報 | その他RolePlay活動 | Other |
[111]  [110]  [109]  [108]  [107]  [106
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ブリタニア歴372年 3月20日


親愛なる古き友へ


やぁ、元気にやってるかい?

こちらは去年の退役後、間もなく旅に出かけた。
他の破片世界めぐりの旅さ。

目的もなく旅をしてもつまらないことは重々承知しているから
いくつかの目的を持ち、“それら”を探す旅にでた。

まずは、他の破片世界で活動するロイヤルガード捜査官を
探すこと。これはさほど問題では無かった。

王が冒険者を集められる時に集まった冒険者の中に
ロイヤルガード捜査官のクロークを身につけている者達を
探せば良いだけ造作も無いことだ。

複数の他破片世界にてロイヤルガード捜査官が暗躍している
姿を見た。ただ人それぞれ世界それぞれであった。
戦役に参加する者、密命を帯びた者、酒場に入り浸る者、
実に様々であった。


そして次に「オリハルコン」の素材集めについて。


以前そう、あれは確か6年前に少し話に触れたと思う。

テルマーとの交流以後、練成がガーゴイル族の技術に
よって武器・防具アクセサリーの質はブリタニアでも
比較的に向上した。

 練成武具をその後、強化して錬成の上限を超えた強化品
「限界突破品」というものが一時的に作れた事は
造詣に深い生産者の間では周知の事だろう。


そして、ここからは極一部にしか知られていない話なのだが

「改良」や「限界突破」でも越えられない技術的な壁を
超えた武具が生産品として作ることが出来る。
しかも「錬成」だけで。

それには素材であるオリハルコンが必要なのである。
残存するオリハルコンは数が少ない。

以前、捜査官でオリハルコン製の武具を調査していた時に
オリハルコン製の武具を販売する者から高値で買い取り
研究して掴んだ情報である。

そのオリハルコン探しが今回の目的であったが
全く見つからない。思っていた以上に難しい現状である。


この手紙が届く頃には、何か進展があるかもしれない。

親愛なる古き友
Mr.Carlos

PR
リンク
フリーエリア
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog Template by CHELLCY / 忍者ブログ / [PR]