忍者ブログ
UO
| Home | About | その他 | 初めての方はコチラ | 調査報告書 | 活動報告書 | 酒場の紹介 | ロイヤルガード調査官【募集】 | お店情報 | その他RolePlay活動 | Other |
[111]  [110]  [109]  [108]  [107]  [106]  [105]  [104
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ブリタニア歴371年 7月22日


最近はフェルッカでの悪徳信仰の者達との戦いの日々だったが
久しぶりにロイヤルガード調査官の仕事をする機会がやってきた。

移動中に飛鳥の評議会議事録を目を通した時に
少し前から評議会でSlimの裏取引の話が議題にあがっていたみたいだ。

私が以前、潜入調査したSlimと横流し(ココをクリック)

Slimの横流しについて詳しくは(⁰︻⁰) ☝で見て貰うとして、話を進めよう。


-----------------------------------【故買商志願の少女】---------------------

「ニューマジンシア港でトレーダーに声をかける人影あり……またか!」

ベルナルドは、通商担当の役人が持ってきた報告書をぴんと弾いて深いため息を漏らした。
この数週間、各街の港で目撃された人影は2人。
裏取引を持ちかけるような素振りを見せつつ、実際にトレーダーが話を聞こうとすると逃げ出してしまうという、実に不可解な動きを見せている。
しかも目撃したトレーダーによると、それは年端もいかぬ少女だというではないか。

「若者が道を踏み外すのを、みすみす見逃すわけにもいくまいよ」

よく手入れされたクロークを羽織り、ロイヤルガードは港へと向かった。

------------------------------------------------------------------------------
  
7月22 22:25  ミノック厩舎前

私は、ブリテイン第2銀行のゲートに飛び込んだ。
そこには冒険者達と、見知らぬ女の子とロイヤルガードの
ベルナルド卿が久しぶりに見た。

ロイヤルガードの話はあとにして、どうやらフェルッカに向かう直前に
合流することが出来た。

しかし、私には1つ問題があった。


---数時間前---

それは、この日ちょうど任務の出張が終わり飛鳥に転送しようと
していたのだが・・・。


なぜ今日なのか?飛鳥に戻れない事が発覚・・。


仕方なく、カリソメの姿でブリテインに向かったのだった・・・。
 



私は制服に身を包みゲートから出た時に
殺気を感じた。

フェルッカで活動している者達はきっとすぐに
怪しい者が紛れ込んでいる事に気がついただろう。

冒険者に紛れ[VvV]の紋章が目に入る。

ベルナルド卿が話を進めている後方では動き出した者たちがいた。



明らかに怪しかったので話しかけようとした瞬間!!

戦いが始まった!

後方で何が起きたのか気がつかない人々、
そして、後方では逃げ惑う人々。

数分もしないうちに、そこらじゅうに肉片が飛び散った。



攻撃していたさっきの三人衆にとっさに「落ち着けよ、お前ら」と
通訳すると「先に攻撃してきたのは向こうだ」と反応が返ってきた。

どうやらBOTではなかったようだが誰かが「例のツールの外人か」とつぶやく。

そういえば、以前から「複数の人形を操るルール無用な外人」がいるという事は
耳にしていた。こいつらの事なのか。

すると騒乱は広まり、衝動なのか他の外人まで周囲の者達を襲い始めた。
という私も襲われた一人である。

しかし私はカリソメの姿....あっけなくやられた。

それから周囲に危険を知らせ、襲われる前に前方へと促した。



ベルナルド卿が、他のガードを引き連れてきてくれたおかげで
その場は落ち着きを取り戻したがあのまま騒乱が続いていたら
全滅していただろう。



戦いが終わり、二ジェルムのEMホールに戻ってきた。
すると怪しげなゲートが舞台袖に開いていた。

注意喚起する人がいたのでどこに繋がるゲートなのか調査する為に
躊躇せずに中に飛び込んだ。



その結果・・・



どうやらコブトスの奥らしい。



追随してくる人がいなくて良かった。

しかしながら、今回のフェルッカ遠征でまたフェルッカ遠征の課題が
浮き彫りになる結果となってしまった。




そういえば、ブラックソーン城の前で少女がベルナルド卿に
ロイヤルガードへ勧誘されていたな。

確かにロイヤルガードは人が足りていないのが現状だ。

私の知る限りロイヤルガード関連の仕事をしている人は
日本シャードで私を除いて二人しか知らない・・。
もしかしたらもっといるのだろうが・・。

そもそもロイヤルガードが公式に出撃する事がここ何年も無いから
ロイヤルガード自体を知らない人も多い。



そこで少し、ロイヤルガードについて
ロイヤルガードというのは、この王国と人々を内外の脅威から
守る事を目的とした組織です。

ロイヤルガードは主に戦闘スタイルによって
近接戦士、弓戦士、メイジ、テイマーの4つの連隊で構成されます。


詳しくは・・書くと長くなるので調べて下さい。

PR
リンク
フリーエリア
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog Template by CHELLCY / 忍者ブログ / [PR]